シェアリングエコノミービジネスの可能性

TED talkでairbnb共同創始者Joe Gebbia氏の講話を聴き、多くの気づきを得たのでシェアしたいと思います。

Airbnbが生まれるきっかけはJoe氏が初めて自宅に見ず知らずの人を泊めたという些細な体験がスタートです。
ドアの向こうには見ず知らずの人がいるという恐怖とそれが解除され、感動を生み出す体験がリアルに感じ取れます。

その後、自宅をデザイナーズホテルとして提供するアイディアが生まれ、ウェブサイトを作り、宿泊サービスをスタートさせた事が語られています。

その中で、彼が強調していたことは
「知らない人は危険である」という偏見はデザインによって克服できる。
ということ。

Airbnbのようなシェアリングエコノミービジネスが提供しているサービスは単に宿泊スペースという「モノ」だけではなく、「人と人との繋がり」である「コト」であることがポイントです。

ヒントは意外と身近にあるものです。
重要なのはそれに気が付くかどうか。

私たち日常や規定概念にとらわれない思考を持つことで新たなビジネスにつながることがありますね。

【参考】
TED talk:TED Talk「ジョー・ゲビア:Airbnbの成功の裏にある信頼のためのデザイン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です