もし私が日本代表トレーナーだったら

昨日開催されたW杯最終予選 対イラク戦

結果は1−1の引き分け

トレーナーの観点から、試合を見て感じたことは「環境(暑熱)順化は十分できていたのだろうか?」ということ。

開催されたテヘランPASスタジアムの気温は37.4℃、湿度20%

コンディショニングで考えるべきは、まずはこの暑い環境の中でベストパフォーマンスを発揮するにはどのように準備をすればよいか?

日本代表の試合までのスケジュールを追うと
7日 キリンチャレンジカップ 対シリア戦
9日 テヘラン入り
13日 対イラク戦

このスケジュールから、身体が暑さに慣れるための期間として準備されたのは4日ということになる。

日本代表の先発メンバーを見ると7名がヨーロッパ組

涼しい環境でシーズンを終えたばかりの選手が、37度という暑さの中で90分間試合をする状態に適応ができていたかが今回気になった。

そこで、どのようなメカニズムで環境順化が起こるのか調べたので、簡単にまとめると

・43℃の高温下で90分トレーニングを8日行なった結果、発汗量の増加が見られた。
・暑熱下運動を10日行なった結果、汗ナトリウムイオン濃度の低下が見られた
・血液量の増加は最大酸素摂取量の増加につながるが、血漿量は8日間トレーニングを行なった場合も増加は生じるが、赤血球量は2〜3週間の期間が必要

 

以上より、今回4日前に現地入りした代表のスケジュールから、身体に起こっている反応を考えると、発汗への順化は起こってはいるが、汗中のナトリウムイオン濃度は高い状況が考えられる。この状態に対して、水分補給を練習時や試合中トレーナーが細かく指示する必要がある。

次に、血液量に対する順化は完全に順応していない可能性が高い。
特に赤血球の対応ができていないため、易疲労の状態で選手はいつものように動けなない、疲れ易い、身体が重い、足が動かない、冷静な判断ができない生理的状態であったことが考えられる。

この状況に対して、日本代表や各選手における諸状況はあったかとは思うが、対シリア戦のことだけを考えると、2週間前には現地入りし環境に適応すべきと考える。

スポーツビジネスからみたトレーナーの可能性

 

スポーツビジネスセミナーを学び福岡への帰り路です。

参加者は驚いた事に、トレーナーは私一人だけ。

ほとんどが大企業の方ばかりでした。それほど、これからのスポーツの市場は可能性があるという事の表れでしょうか。

安倍政権の打ち出した「日本再興戦略2016」における新たな有望成長市場の創出に「スポーツの成長産業化」が明文化されています。

お国がスポーツに力をいれますよ!という事ですね。

具体的な数字では2015年に5.5兆円だった市場規模を2025年には15兆円に引き上げるというのです。

この数字はかなりチャレンジングで、実は世界のスポーツにおける市場は拡大しているにもかかわらず、日本は停滞しています。

その数字を10年で3倍ですから、大きな枠組みを買えるくらいのアクションが必要となります。

幸いな事に、2019年のラグビーワールドカップから翌年の東京オリンピック、そして、翌年はワールドマスターズが開催されるゴールデンイヤーズを迎えます。

・スタジアムアリーナ改革(コストセンターからプロフィットセンターへ)

・スマートアベニュー思考を取り入れた多機能型施設

・大学スポーツ振興に向けた体制の構築

・人材育成、プラットフォーム構築

・新たなスポーツメディアビジネス創出

・スポーツ人口増加

などなど、可能性はあります。

問題、深く根付いている競技団体とリーグなどの関係性がクリアすべき課題でしょうか。

何よりプロスポーツ、国際レベルスポーツがドライバーとなるので、自分の使命としてはアスリートのサポートと一般への普及、そして人材育成です。

少しずつ、自分と会社の新たな方向性が掴めてきたかなと。

シェアリングエコノミービジネスの可能性

TED talkでairbnb共同創始者Joe Gebbia氏の講話を聴き、多くの気づきを得たのでシェアしたいと思います。

Airbnbが生まれるきっかけはJoe氏が初めて自宅に見ず知らずの人を泊めたという些細な体験がスタートです。
ドアの向こうには見ず知らずの人がいるという恐怖とそれが解除され、感動を生み出す体験がリアルに感じ取れます。

その後、自宅をデザイナーズホテルとして提供するアイディアが生まれ、ウェブサイトを作り、宿泊サービスをスタートさせた事が語られています。

その中で、彼が強調していたことは
「知らない人は危険である」という偏見はデザインによって克服できる。
ということ。

Airbnbのようなシェアリングエコノミービジネスが提供しているサービスは単に宿泊スペースという「モノ」だけではなく、「人と人との繋がり」である「コト」であることがポイントです。

ヒントは意外と身近にあるものです。
重要なのはそれに気が付くかどうか。

私たち日常や規定概念にとらわれない思考を持つことで新たなビジネスにつながることがありますね。

【参考】
TED talk:TED Talk「ジョー・ゲビア:Airbnbの成功の裏にある信頼のためのデザイン」

MBA取得目指して大学院入学しました。

今春より、BBT大学大学院 経営管理コースに入学いたしました。

不惑の40歳を迎え、これからの自分のスタイルを考えた時に自分がやりたい事、なりたい姿を鮮明にイメージして出した答えです。

一治療家、トレーナーとしての極みを探求しながらも、新しい価値の創造を。

何より、今、そしてこれから医療、健康、スポーツビジネスに関わる仲間たちの可能性を最大限に高めるために自分に何ができるのか

それを大学院の学びを通して実現させたいと思います。

膝蓋靭帯炎はストレッチするな。

皆さんは膝蓋靭帯炎、ジャンパー膝のクライアントが来られたらどのように対処しますか?

大腿四頭筋のタイトネスがあって尻上がりテストが陽性だから大腿四頭筋のストレッチ

されている方。

逆に症状を悪くしてしまう可能性あります!

大切なのは、その病態と原因を明確にすることです。

原因は
①膝蓋靭帯の柔軟性低下
②膝蓋靭帯の微小断裂
③滑膜組織の反応
④神経組織の過敏症
など様々で

膝蓋靭帯の高位の分類(Blazinaの分類)によれば
①大腿四頭筋腱の膝蓋骨付着部
②膝蓋靭帯の膝蓋骨付着部
③膝蓋靭帯の脛骨粗面付着部
に分類されます。

さらに、②が炎症、損傷部位ごとに分類され
①膝蓋靭帯表層
②膝蓋下脂肪体
③膝蓋靭帯の膝蓋骨付着部深層部断裂
です。

①の膝蓋靭帯表層タイプでは膝伸展機構にかかる伸張ストレスで炎症が起こるので、このタイプに大腿四頭筋のストレッチをしてさらに伸張ストレスを加えることは控えてださい。
膝伸展機構の伸張ストレスの原因はしゃがみ込みやスクワット動作における骨盤後傾が多く、その原因としては股関節屈曲角度や足関節背屈角度の低下が多いのではないでしょうか。
したがって、このタイプには股関節や足関節へのアプローチが大切になってきます。

②の膝蓋下脂肪体タイプは膝関節の伸展に問題がある場合が多いです。下腿の過外旋や屈筋群の短縮、VMの機能低下などでIFPの前方移動が妨げられていることが原因です。

③膝蓋靭帯深層部の部分断裂は修復過程をみながらアプローチします。急性期は幹部への負荷はNGで炎症症状に対しての対応をします。急性期を過ぎたら徐々に幹部への負荷を段階的に増やします。このタイプの原因は膝蓋骨にかかるメカニカルストレスのアンバランスが原因のほとんどで、内側広筋と外側支帯の牽引ベクトルをバランス化させることが最も重要となります。

以上、膝蓋靭帯炎のクライアントにはしっかりと評価をしてそれに対応したアプローチを行うと効果が期待できますので、是非取り入れてください。