あなたは、6年後に日本最大規模マーケットへ成長するヘルスケア市場で
活動する準備はできていますか?

2015年現在の市場規模は60兆円超。
たった10年間で約2倍の100兆円規模に拡大すると予測されています。

ヘルスケア市場とは「医療」「介護」「健康増進」の3つの分野に分けることができます。
2025年の市場規模予測である100兆円の内訳は
・医療が60兆円
・介護が20兆円
・健康増進が20兆円
となっています。

もしかすると、医療の60兆円という数字の大きさに目が行くかもしれませんが、じつは、健康増進分野の20兆円は伸び率で最大です。

高齢化が進み、国の財政を圧迫している社会保障費の抑制に向けて健康増進分野は今後大きな可能性を秘めています。

さらに2025年時点でのヘルスケアビジネスに関わる労働者は総労働人口の5分の1から4分の1との予測も立てられています。

今後の日本の最大の産業であるとともに、労働力の柱となるヘルスケアビジネスの中で、既に働いている私たちはどのような準備をすればよいでしょうか?

これだけ魅力のある市場なので、今後はこれまでヘルスケアとは関連の無かった大手企業や海外企業の参入も相次ぐと思われます。

特にAI、ロボット、ITテクノロジーに強みを持つ企業は一気に押し寄せてくるでしょう。

そんな変化に対応できる医療従事者、トレーナーはどれくらいいるでしょうか。あなたはどうですか?

スマートフォンが発売され、あっという間に世界に広がり、我々の生活がガラッと変わったように、ヘルスケアの市場も今後10年間で大きな変化が訪れると思います。

そのための準備を行っている人と行っていない人では、10年後の立ち位置が大きく違うかもしれません。

今回ご紹介したヘルスケア市場の変化や今後訪れる日本、世界の動き、それに対してどのように準備をしていかなければならないかという話を12月2日に鹿児島で行います。

ご興味のある方は、こちらから是非お申し込みください。

===========================================

身体の専門家の教えると学ぶを日常に

へるすけあ、スポーツに関わる専門家のためのセミナー検索サイト

XPERT(エキスパート)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事