前回の記事で、「振り返りの法則」に関して述べましたが、今回は具体的に振り返りを行うテクニックをご紹介します。

この方法は自分でも、自社のスタッフ向けにもよく使っています。

1日1日だと、自分の成長や変化が小さいため、気づきにくいため、1年前の自分と比べてみると、足跡が明確になります。

仕事ぶりを振り返る10の質問を挙げますので、ご自身の胸の中で振り返ってみてください。

1.前年に比べ、今年度は会社の成長にどのくらい貢献したか?

2.前年よりも責任を負うことが増えたか?

3.自分の能力は会社の将来に前向きな効果を与えると、以前よりも自信を持って言えるだろうか?

4.前年よりも多くのプロジェクトを主導or参加したか?

5.前年度よりも重要度の高いプロジェクトに関わったか?

6.前年よりも部下の人数が増えたか?

7.新たなスキルを学ぶために、前年はどのような行動をとったか?

8.前年と比べ、従業員として、そして一人の人間として同僚から多くの尊敬を集めているか

9.前年に比べ、部下や同僚の人生に多くの変化をもたらしたか?

10.今年度はプライベート、仕事、どちらの満足度が高いか?

いかがでしょうか?

「あ~頑張ったな~」と思える方も、「全然何もできてない。。」と反省される方もいらっしゃることと思いますが、重要なのは、未来につなげること(Now What?)です。

勇気をもって行動し、その経験から学べる者だけが感じれる喜びがあると私は思います。

きつい、苦しい、、、でも最高に楽しい!というHard funを積み重ねていくことが成長への道のりであると信じています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事