年頭所感

吉例に従い、昨日、2017年の決意と想いをまとめる中で、社員にむけての年頭所感を5時間にわたり作成いたしました。

全ては社員に向けての内容ですのでご紹介できませんが、一部をここでご紹介させていただきます。

1月2日に安倍内閣総理大臣から年頭所感が表明されました。

「わが国の たちなほり来し 年々に あけぼのすぎの 木はのびにけり」

30年前の新春、昭和62年の歌会始における昭和天皇の御製から、所感がはじまりました(http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0101nentou.html

特に注目したのはこの文章です。

「本年は日本国憲法施行70年の節目の年となります。・・・・(中略) 2020年、さらにその先の未来を見据えながら、本年、安倍内閣は、国民の皆様と共に、新たな国づくりを本格的に始動します。この国の未来を拓く一年とする。そのことを、この節目の年の年頭にあたり、強く決意しております。」

と述べられています。

新たな国づくりのための本格始動。先見力、変わり続ける力、これからがより本物の力が試される時代に突入します。

刻々と変化する風向きに振り回されることなく、強い体幹をもち、堅忍不抜の精神で邁進していく心構えが必要となります。

最後に2017年のスローガンである「感即動」について述べます。

「感即動」は論語に書かれている言葉で「感動」の語源にもなったともいわれています。

「感動」こそが人を変える。人は感じた時に動く。「理動」という言葉はない。 なぜなら人間の本質は感性であり、感性の実感はまぎれもない真実であり、その真実から発せられた言葉こそが人の胸に突き刺さり、人に影響を与えるからである。

理性は説得の論理。感性は納得の論理である。人は深く全身で納得できたときに行動が変わっていくのである。

「感即動」とは、「感じたら、すぐに動く」という意味だけではありません。 「感じさせることで、人は動く」という意味があります。感じさせれば、人は動く。

感じさせなければ、人は動かない。

理性で説得しても、人は動かない。

感動させる力を持ち、感動させうる人間となる。

ARKの「K」には感動、感性という言葉が込められています。この「K」を磨いて一人でも多くの人の人生にイノベーションを起こしましょう!

 

では何が人を感動させるかを綴って2017年の年頭所感をまとめます。

1.不撓不屈の意志

2.深い愛。理屈を超えた人間愛。他者中心的な愛。

3.作為を超えた人間の姿。一所懸命な姿、真剣な姿。

4.人間の高さ・深さ・大きさ。 高さ・・・・高貴さ 。深さ・・・・より根源的、より本質的な意味や価値を感じ取る感性。 大きさ・・・人間の器、統率力

5.ユーモアのセンス 状況をプラスの方向に導けるような感性。

また人も感じさせたら、動かせることができるのである。

私たちならできると信じています。

 

以上。

2017年

アークメディカルジャパン株式会社 代表取締役 坂元大海

丁酉の年

年あけましておめでとうございます。

2017年が皆様にとって幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げます。

さて、恒例に従いまして、陰陽五行から2017年の傾向を見てみましょう。

なお、これは個人というより大きな組織(国、世界)での傾向となります。

今年は「丁酉(ひのと・とり)」の年となります。

一般的に干支というと12種類を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は十干(甲乙丙丁・・・)と組み合わせ60種類あります。

ここから、60年一回りで還暦というお祝いがきています。

それぞれに文字に意味があり、さらにその組み合わせによりその年の動きを古くから政や事業に活用されてきています。

そこで、今年の「丁酉」をみてみますと

「丁(ひのと)」には「火(陰性)」の性質があります。

草木の成長に例えると、成長して大きく茂る前の安定した状態です。

一方、「酉(とり)」は金性の性質があります。

酒樽の中で酒が発酵して、熟し、なす様を「酉(陰)」であらわされ、季節でとらえれば「秋」

果実が完全に熟した状態を表します。

これまでの成果が結果を出し、果実を味わう年になります。

また、「丁(火性)」と「酉(金性)」の組み合わせから見てみますと

陰なので穏やかではありますが「金」は「火」によって溶かされてしまう「相克関係(相性の悪い関係)」にあります。

金星は攻撃本能の性質もあり新興勢力のようなことを表します。それが火(伝達本能)によって溶かされてしまう年、つまり、何かチャレンジしようとしても、周りの声や外力によって障害を受けやすい年になります。

また、火の性質により火にまつわる災害や、新興勢力により国政が動かされる事態が起こったり、金の性質による財政、法律に大きな改革が行われる年にもなります。

ちなみに過去を見てみると

757年 養老律令制定 

1297年 永仁の徳政令 

1477年には応仁の乱の終息

1657年 明暦の大火

1777年 三原山の大噴火

1837年には大塩平八郎の乱

1897年 貨幣制の制定 

まとめると

2017年は主活動が一つの形を成し、発展がピークを迎える一方で周辺勢力を含めたあらゆる機運が熟して発する岐路となる年と統合できます。