スポーツビジネスからみたトレーナーの可能性

 

スポーツビジネスセミナーを学び福岡への帰り路です。

参加者は驚いた事に、トレーナーは私一人だけ。

ほとんどが大企業の方ばかりでした。それほど、これからのスポーツの市場は可能性があるという事の表れでしょうか。

安倍政権の打ち出した「日本再興戦略2016」における新たな有望成長市場の創出に「スポーツの成長産業化」が明文化されています。

お国がスポーツに力をいれますよ!という事ですね。

具体的な数字では2015年に5.5兆円だった市場規模を2025年には15兆円に引き上げるというのです。

この数字はかなりチャレンジングで、実は世界のスポーツにおける市場は拡大しているにもかかわらず、日本は停滞しています。

その数字を10年で3倍ですから、大きな枠組みを買えるくらいのアクションが必要となります。

幸いな事に、2019年のラグビーワールドカップから翌年の東京オリンピック、そして、翌年はワールドマスターズが開催されるゴールデンイヤーズを迎えます。

・スタジアムアリーナ改革(コストセンターからプロフィットセンターへ)

・スマートアベニュー思考を取り入れた多機能型施設

・大学スポーツ振興に向けた体制の構築

・人材育成、プラットフォーム構築

・新たなスポーツメディアビジネス創出

・スポーツ人口増加

などなど、可能性はあります。

問題、深く根付いている競技団体とリーグなどの関係性がクリアすべき課題でしょうか。

何よりプロスポーツ、国際レベルスポーツがドライバーとなるので、自分の使命としてはアスリートのサポートと一般への普及、そして人材育成です。

少しずつ、自分と会社の新たな方向性が掴めてきたかなと。

シェアリングエコノミービジネスの可能性

TED talkでairbnb共同創始者Joe Gebbia氏の講話を聴き、多くの気づきを得たのでシェアしたいと思います。

Airbnbが生まれるきっかけはJoe氏が初めて自宅に見ず知らずの人を泊めたという些細な体験がスタートです。
ドアの向こうには見ず知らずの人がいるという恐怖とそれが解除され、感動を生み出す体験がリアルに感じ取れます。

その後、自宅をデザイナーズホテルとして提供するアイディアが生まれ、ウェブサイトを作り、宿泊サービスをスタートさせた事が語られています。

その中で、彼が強調していたことは
「知らない人は危険である」という偏見はデザインによって克服できる。
ということ。

Airbnbのようなシェアリングエコノミービジネスが提供しているサービスは単に宿泊スペースという「モノ」だけではなく、「人と人との繋がり」である「コト」であることがポイントです。

ヒントは意外と身近にあるものです。
重要なのはそれに気が付くかどうか。

私たち日常や規定概念にとらわれない思考を持つことで新たなビジネスにつながることがありますね。

【参考】
TED talk:TED Talk「ジョー・ゲビア:Airbnbの成功の裏にある信頼のためのデザイン」

「売る」から「買う」へ

さて、久しぶりの更新です。

今回新規に「経営学」のカテゴリーを設けました。
自身が学んでいくことの落とし込みの場として皆さまに少しでもお役に立てる内容であればと思っています。

 

皆さんが扱っている商品は有形、無形どちらにしても、お客様が「何かを買う」というアクションを起こすきっかけは「感情」によって生まれるものです。

その真の「感情」をしっかりと理解しアプローチすることがとても大切になってきますが、みなさまはいかがでしょうか?

今後、私たちに押し寄せてくる時代の波として「人口減少」「超高齢社会」「平均年齢の高齢化」「消費ムードの変化」などがあります。

ここで、重要なのが時代が変われば感情も変わるということです。

したがって、私たちがこの変化(感情と行動)に気が付き対応ができなければ売上が黙っていてもどんどん下がっていく時代になります。

茹でガエル現象をご存知ですか?

「カエルを熱湯の中に入れると驚いて飛び出しますが、常温の水に入れて徐々に熱すると、カエルはその温度変化に慣れていき、生命の危機と気づかないうちにゆであがって死んでしまう」

という話です。

これまでは物欲が人々の主な購買動機で、モノを欲しがっている人に対して対応すればよかったのですが、モノ余りであるこれからの時代では人々の購買意欲は「物欲」から「充実欲」へ変わっていきます。

つまり、これからは今まで以上にお客様がお金を支払うことにシビアになってきます。「消費の二極化」すなわち「価値のあるものにはお金を払うが、価値のないものにはなるべくお金を使わない」というような現象です。

したがって、これからの時代は「売る」ではなく「買ってもらう」ことが重要になってきます。

また、人は心理的に「売られた」と感じると損した気分になりますし、逆に「買えた!」と感じると得したハッピーな気分になります。

みなさんは、お客様に「買えた!」と思っていただくにはどのような戦術、戦略を立てますか?